どう選ぶ?家庭の使い方に合わせたヒーターを|The Best Material

暖かい冬を過ごすために

冬の厳しい寒さをヒーターは和らげて温かくしてくれます。そんな冬の救世主ヒーターについてのQ&Aをまとめてみました。これから購入する方は是非参考にしてみてくださいね。

気になるヒーターのQ&A

ヒーターの種類を教えてください

ヒーターの種類はファンヒーター、遠赤外線ヒーター、オイルヒーターなどがあります。どれも違った特徴があり、部屋や自身の好みに合わせて使いましょう。

ヒーターを使うと乾燥が気になります

乾燥が気になる方は、オイルヒーターをおすすめします。空気全体を温めてくれるのでホコリも立ちにくいです。

電気代が気になります。

どんなヒーターも1時間使用した時の電気代に大きな違いはないようです。どんなヒーターを月々どのくらい使うかで電気代に差が出てきますから、使い方など工夫してみてください。

快適あったかな部屋

ヒーター

冬には気温が下がりお部屋が冷えてしまうので暖房器具が欠かせませんが、人気があるものはセラミックやオイルヒーターです。うまく利用すれば電気代が節約できますし、安全に使用して健康を守ることも可能ですから機能を比べて購入するとよいでしょう。

人気があるタイプ

暖房器具

一般的にはセラミックヒーターを使用している家庭が多く、価格は一万円しないタイプもあり灯油が入る量が少ない小型のヒーターが人気です。また、電気で温かくなる人感センサー付きのヒーターは、お手洗いに設置すれば利用する時だけ稼働しますから安心です。オイルヒーターは、子供や高齢者の寝室で利用すれば、空気も汚さないしマイルドな暖かさなので重宝します。大きなヒーターやメーカーが出しているタイプは、二、三万円以上しますので広い家に向いています。

古い商品を引取

家電のヒーターは壊れた時に買い換えることが多いので、古い方をごみに出すことを考えると引取サービスをしてくれる店舗で購入するとよいでしょう。また、セラミックヒーターには電池が必要ですが付属していることはあまりありませんから、一緒に購入したり自宅にストックしておく必要があります。自宅に自家用車がなかったり重くて運べないなどの理由で、灯油をその都度、購入できない環境にいる人であれば、電気ヒーターかオイルヒーターを利用すると安心です。

すぐに使えます

大体のヒーターは、箱から出して設置すればすぐに利用することができますが、専用の可動台や節約のためのこたつで使用できるダクトを購入するととても便利です。とくに寒冷地では、雪が降ったり寒くなる前に自宅にあるヒーターを点検して、使える状態にしておくことが重要です。冬の天気は変わりやすいので急には買い物に出られないこともありますので、使用しやすいヒーターをしっかり設置して快適に暖められる環境作りが大切です。

広告募集中